教師修業

教師修業の記録、英語上達完全マップの記録、日々のこと

教育実習を振り返る

谷和樹著「向山型社会の全体像を探る」を読み、自分の教育実習の姿が、目に浮かんだ。

 

形式ばかりの、なんちゃって授業であった事、子どもたちに申し訳なく感じる。

 

私がこう思ったのも、谷先生の分析を読んでからだ。

 

向山先生の発問

「この写真を見て、わかったこと、気がついたこと、思ったことを、ノートに箇条書きにしなさい。」

 

私も似た様な事を、国語の授業で行なった。

 

しかし、表面的なことしか気付けていない私は、

「わかったこと」が説明的な知識であり

「気ついたこと」が記述的な知識であり

 「思ったこと」が拡散させて多様な意見を出させるもの

という発問の深層部分まで、考えることができなかった。

 

この本を読めば読む程、向山先生の偉大さに、打ちひしがれる。

 

しかし、私がただ一つ幸運だと思うことは、正しい努力の仕方を、今知っているというこだ。

 

f:id:NBRKWZ:20170214210422j:image